産経 国連幹部の不正確認 独立調査委が暫定報告書 イラク石油食糧交換プログラム事件

 これがかなりよくまとまっている。

【ニューヨーク=長戸雅子】イラクの旧フセイン政権時代の国連石油食糧交換プログラムの不正事件を調査している独立調査委員会(委員長・ボルカー前米連邦準備制度理事会議長)は三日、プログラムの最高責任者だった国連幹部の不正を確認する暫定報告書を公表した。この幹部に不正はなかったとしてきた国連の内部調査の甘さが露呈され、同時に旧フセイン政権と癒着した国連が、結果的に同政権の延命を手助けしたとの疑惑がさらに強まった。

 一方で、不正事件を同様に調査している米議会やその関係者からは、ボルカー氏率いる独立調査委員会の中立性そのものに疑問を示す声もあがっている。
 有力シンクタンクヘリテージ財団の研究員は、独立委員会のボルカー氏が米国連協会など親国連組織の要職を務めたことがあり、そうした経歴がきちんと公開されていないと指摘。国連協会が事件をめぐる国連やアナン事務総長への批判に対し、「政治的意図に基づいた攻撃」と国連擁護に回っていた点などを指摘し、独立委員会の中立性に疑問を呈した。
 そのうえで国連と独立委員会の調査が国際的に信頼されるよう、委員会のスタッフ六十人の経歴や同委員会が事情聴取した関係者のインタビュー記録を公開することなどを提案している。

 ヴォルカーも観念したか…だが、アナンと同様、どこかでお手打ちはあるのだろう。

また、米上院政府問題委員会調査常設小委員会のコールマン議長は、フセイン政権が同プログラムを利用して得たリベートや密輸により、二百十億ドルの利益を得ていたとする調査結果を昨年十一月に公表しており、これらの不正利益は、国連での対イラク攻撃支持を抑えるため、フランスやロシアの高官らに流れたと主張している。

 すでに高官名も割れているのだが、この分野の本丸はシラク

国連疑惑…NHKと朝日がようやく報道

 そういえば、この間、国連疑惑をようやくNHKと朝日が報道した。
 NHK国連幹部 石油不正提供に関与

これは、国連のアナン事務総長の依頼で調査している独立委員会が発表したものです。この疑惑は、国連が旧フセイン政権の時代に、イラクの石油の輸出禁止措置を人道支援分だけ免除していた制度をめぐるもので、当時、国連の責任者だったベノン・セバン氏が石油取り引きに絡んでわいろを受け取っていたのではないかとされているものです。中間報告書によりますと、セバン氏は、当時、イラク政府に、スイスに拠点のある特定の企業との取り引きを再三求めるなど、石油の提供に不正に関与していたことがわかったとしています。また、報告書は、別の幹部も取り引き企業の選定で不正があったとしたほか、当時のブトロス・ガリ事務総長が、当初予定されていなかったフランス企業との契約をイラク側の意向で選定したことも指摘しています。報告書について、アナン事務総長は、「法を犯す者は逃れられない」とする声明を発表し、セバン氏を懲罰にかける手続きの検討を始めたことを明らかにしましたが、国連幹部の不正に対し、アメリカなどからの批判の声が、いっそう高まることが予想されます。

 これでも悪くはないか。
 朝日⇒国連幹部の行動「不適切」 イラク支援疑惑で独立調査委

 イラクで行われていた国連の人道支援「石油と食糧の交換計画」に関する不正疑惑を調べている独立調査委員会のボルカー委員長は3日、国連幹部がイラクからの石油輸出先選定をめぐり「倫理的に不適切」だったなどとする中間報告を発表した。これを受けて、アナン事務総長は「この件に関しては職員の(不逮捕という)外交特権を停止する」とする声明を出した。
 疑惑に関連して独立調査委が中間報告をまとめたのは初めて。最終報告は今年夏までにまとめられる予定。
 中間報告は、計画の最高責任者だった国連幹部でキプロス出身のベノン・セバン氏(67)が旧フセイン政権のイラクからの石油をスイスに拠点を置く企業向けに割り振るよう動いていたと指摘。この企業に730万バレルの石油、150万ドルの収入をもたらしたなどとし「倫理的に不適切だった」と結論付けた。
 これに対して、セバン氏の弁護士は同日、「セバン氏は1セントたりとも受け取っておらず、報告も証拠を示していない。政治状況の中で、調査委にスケープゴートにされた」とのコメントを出して反論した。
 中間報告は、96年に国連が計画遂行のための銀行を選定する際、ガリ前事務総長が、決められた入札規則に反し、フランス系銀行を選んだことも指摘。今後、国連による人道支援事業の進め方や、国連改革議論などにも影響を与えそうだ。
(02/04 10:22)

 ちなみに前回は⇒イラクでの「石油と食糧の交換計画」疑惑で報告書公開

 旧フセイン政権時代のイラクに向けた国連の人道支援をめぐる疑惑について、独立調査委員会(委員長・ボルカー米連邦準備制度理事会前議長)は9日、国連から提出された内部報告書を公表した。汚職の証拠は見つからなかったが、国連の管理や運営に「落ち度があった」とする内容。
 疑惑は「石油と食糧の交換計画」に関するもの。旧フセイン政権高官がリベートをとり、アナン事務総長が任命した国連高官もわいろを受け取ったとの疑いが浮上していた。米議会は不正額を213億ドルに及ぶとしている。

今日の新聞各紙社説は…

 というわけで、狂牛病の問題だが…。
 厚労省側としては、英国滞在にその感染をもっていきたいのだろう。農水省的には、米国牛肉阻止に使える、と(タイミング良すぎ)。で、英国での感染というのはありうるのか。1か月の滞在で。常識的に考えるとというか科学的に考えて、その説明は無理ではないか。
 とすると、国内で感染したということだが、それは「ないよ」という前提になっている。
 充分に報道されているかわからないのだが、今回のケースは、死後の解剖の結果の判断ということになっている。50代だし典型的な症状があったからだ。
 こうした状況に、とりあえず一つの仮説だが、すでに狂牛病っていうか、変異型ヤコブ病はすでに日本で発生していて、今回取り上げられたということではないのか。
 もっとも、これを強く主張したいとも思わないし、変な陰謀論を投げたいわけではない。英国で感染したというより、妥当性があるのではと少し思うだけだ。

毎日社説 受信料支払い拒否 公共放送の仕組み問う動き

 重要なのは「病院に貸しテレビを納入している業者でつくる業界団体が今月から支払いをやめると発表した」という点なのだが、社説は論旨をすり替え、に見える。

多チャンネル化が進みインターネットなど情報伝達の手段が多様化している今の時代に、受信料に依存した公共放送が必要なのかという本源的な疑問もある。受信料の不払い拡大は、そうした問題をわれわれに突きつけている。

 必要。

読売社説 [国会論戦]「非難合戦より合意形成が必要だ」

 まぁ、ある意味ではそうかもしれない。打つ手は少ないから。しかし…よくわからない。この社説もよくわからない。

散人先生 米ドル短期金利は上がるのに長期金利は一向に上がらない……低格付けローン投資でしのぐか

ブッシュ君がはしゃぎ回っており世界経済の先行きは依然として不透明な状態。で、株式投資で儲けることは難しい。せめて金貸しに加担して儲けよう。

 ま、そう言えるのでしょうか…。現状はそれほど米国はおかしいわけでもないように思える。EUがどこまでで音を上げるか。人民元騒動が起きるか。

確かに「こんなんでいいのかなぁ…」と

 via id:taiyoh:20050205#p3

はてなのキーワードによると、「(新聞)社の主張」なんですね、社説って。そう考えながら眺めて見ると、確かに「こんなんでいいのかなぁ…」と俺でも考えてしまいます。それとも単純に、今日の社説がいつも以上にクソだったのでしょうか>finalventさん。だって、BSEのことは完全にニュース解説だし、合併選挙の方は「まだマニフェストって煽ってるの?」って気分だし。

 新聞なんてメディアはあんまり若いもんが読むもんではないよ…。
 今朝のBSEについていうと、執筆者たちはあまり考えてないのだと思う。考えたら、感染路は国内かなと思うだろうし。
 一般論として…本とかでもそうだけど、100ページ読んで2行良いことが書いてあったら良書。
 まれに100ページ読んで100ページ良いことが書いてあるのがあり、30回嫁、100回嫁ですね。

補足というか 朝日新聞社説 変異ヤコブ病――恐れず、決めつけず

 男性に症状が現れる3カ月前には、日本でもBSEの牛が見つかっている。発病までの潜伏期間は10年以上と言われているから日本で感染した可能性はきわめて低い。が、否定はできないだろう。

 このあたりは確かに臭いと思うのだが、そこまで解明できないでしょう、政治的に。

 日本国内ではこれまでに14頭のBSEの牛が見つかっているが、脳など感染の危険のある部分は除かれており、食肉としての安全は確保されている。

 これは大嘘。ピッシング(pithing)が杜撰きわまっているのが実情。

キムタケ 「BLOG of the Week」に掲載するブログは、事前に転載を承諾された方に限っております。

(読者の皆さまへ)「BLOG of the Week」に掲載するブログは、事前に転載を承諾された方に限っております。このため、「BLOG of the Week」において、転載を事前に許可するブロガーは、トラックバックにおいて「投稿」であることを明示するようお願い申し上げます。 
トラックバックが「投稿」であることを明示する方法は、
(1)タイトルにおいて、投稿:、[投稿]、等と明示する、
(2)文章の末尾や追伸において、「これは投稿です」等と明示する、
(3)文章中に、投稿であること、もしくは、転載を事前に認可することを書き込む、
(4)

のバナーをサイトに張る、
(5)「bookmark」欄に『週刊!木村剛』を掲載し、「投稿しています」「転載大歓迎」などのコメントを付す、という方法からご自由にお選びください。

はてなQ 内臓のフロッピードライブを探しています。

色は黒でほどほどに安くてほどほどの性能の物と、出来るだけ安いのと2種類です。
何かお勧めはありますか?
価格.comなんかも見たんですが内臓は載ってませんでした・・・・

 すぷらった。