新内閣だが…

 このあたりで言い尽くされている⇒小泉遺言スクリプト内閣
 妥当な読みは⇒第三次小泉改造内閣発足
 ここまで丁寧に解説するのが先生という仕事⇒「安倍官房長官」の謀略
 ブログってすごいじゃん。余談だけど、前原さんは泉さんの眼をじっと見つめるべきでした。
 というわけで、私がなんか書くことはないって感じ。
 しいていうとサプライズサプライズってメディアの幻想でしょ。先日の自民憲法案だって内心はえ?だったのでしょというか、もう君たち(右も左も)のストーリーの時代は終わってるっていうか官僚のほうが頭がいいだけちゃんと世界からずり落ちてない。
 日本っていうのは、エアバス方式で飛んでいたわけで、これからもある程度は飛べるかもしれないし、しかし、考えてみると、小泉博徒が三世一代の大勝負を打ったからでしょう。世耕のブレーンはあっても博打っていうのは博徒がするものです。
 というか、堀内光雄が叩き出されるあたりで、本当は、政治ってなんだろ政治家ってなんだろと問うていかなくてはいけない。