毎日社説 社説:オバマ氏当選 米国のチェンジに期待する 対立超え大胆な再生構想を

 内容は朝日とほぼ同じなので特に言及すべきことはないが。

黒人大統領は、いざ誕生してみると、文化革命とさえ表現できる驚きだ。

 すごい表現だなというか、呆れた。

朝日社説 オバマ氏当選―米国刷新への熱い期待 : asahi.com(朝日新聞社):社説

 米国を変えたい。刷新したい。
 米国民のこうした思いが、一気に噴き出したような選挙だった。

 私は今回の選挙では初期の時点でオバマが勝つと思っていたし、それでよいと思っていた。それはそれとして。
 朝日のこれが「思い」ではないだろう。根にあるのは世代間闘争だ。これから米国はベイビーブーマーを抑制しないといけない。ベイビーブーマーはベイビーブーマーで今回の金融危機で慌てふためいてばらまき民主党に流れ込んだ。つまりここに本質的な矛盾を胚胎することになった。

 「強い米国」を掲げて軍事力を強化し、「小さな政府」路線を進めたレーガン政権以来、30年近くにおよぶ新自由主義の挫折といっていいだろう。ブッシュ時代に露呈したその失敗は、共和党支持者をも失望させ、マケイン候補の大敗につながった。

 これが微妙だ。しかし、たぶんこうした言説がまた伝説化していくのだろう。軍事力は相対的総合的に低下した面がある。新自由主義というが、サブプライムローンの一つの根のCRAはクリントンが推進したものだった(CRAが金融危機の原因というわけではない)。また金融危機の根幹が新自由主義とやらににあったかはもうしばらく歴史の推移を見た方がよい。悲惨な光景を見るかもしれないが。

 「政府には果たすべき役割がある」と強調し、イラク戦争を批判したオバマ氏は、米国民の異議申し立てを鮮やかに代弁してみせた。

 これはほとんど嘘に近い。私はイラク撤兵に至る議会をワッチしてきた。もしそうなら議会は予算を止めるはずだ。そうではなかった。そしてイラク戦争を事実上安定に推進したのはマケイン上院議員の功績だったと言っていいと思う。おそらく共和党はそのことでマケインの名誉として譲歩したのだろう。あるいは、ブッシュの時のローブの汚いマケイン潰しに恥じたのだろう。オバマイラク撤退を言えるのはその意味ではマケインの功績であったかもしれない。

「強い米国」による一極支配の時代は、軍事と経済の両面で終わりを迎えている。米国が超大国であることは変わらないが、イラクアフガニスタンはもはや一国では手に負えない。巨額の資金が一瞬のうちに世界を駆けめぐる金融市場の規模とスピードには、グローバルに対応するしかない。

 このボケがと放言しそうになる。米国の軍事も経済も終わりを迎えていない。一極支配の時代についていえば、日本・中国・サウジ・英国、そして豪独仏がどう支えるかという構造になっていて、すでに米国だけの問題ではない。「イラクアフガニスタンはもはや一国では手に負えない」というとき日本の立ち位置がどう問われるか朝日社説子の脳裏にはないのかもしれない。

晴れ

 冷え込んだようだがすでに暖房を入れている。昨晩は坐禅のあと眠気がやってきて寝た。
 夢は。私がけっこうな豪邸に住んでいる。街中で高校時代に一種喧嘩別れした友人に会い、家によっていけと私がいう。私は鍵を忘れた、家に誰かいるだろうかと玄関で戸惑うと、誰かが開けてくれる。誰かわからない。私の兄弟か妻なのかわからない。家に入るとすでに人はなくがらんとしている。広いリビングでぼんやりと座っている。会話も進まない。彼がコーヒーサーバーを見つけて、オレがコーヒーでも淹れようと言う。使い方わかるかと聞くと、こんなものはどれも同じだからなと言い、彼が家の主のようにコーヒーを持ってきてくれる。庭も広い。彼は天井を見上げて、ずいぶん天井が高いなという。私も見上げる。

まあ、たぶん、そこが、語彙力と教養なんですよ

 ⇒はてなブックマーク - 受験英語じゃなくて英会話力

2008年11月06日 tsugo-tsugo アメリカに来て1年以上経ったけどまさにそんなかんじ。彼のいうことは正しい。そして私も自分の専門と世間話以外の英語は結構予測できなくて理解がキツい。

 まあ、たぶん、そこが、語彙力と教養なんですよ。
 で、そこはけっこう地味に勉強し続けるしかなさげ。
 デーモン小暮はバイリンなんだけど、本人が、「余の英語はお子ちゃまの英語であるぞ」と言っていた。
 これをいうと自分の劣等感丸出しなんだけど、米人男性と付き合っているお姉さんとか英語ぺらぺらしゃべるし、受けもいいけど、知的な内容はゼロ。というか、知的なオチのパターンを知っていて、あれ、雑誌漫画みたいな感じで知的な雰囲気はあるけど、みたいな。
 えっと、というわけで、米人でもSATとかGMATではヴォキャビルするわけです。

たとえば、"by and large"とかいう熟語とかね、受験で出る?

 どうかな。
 ⇒large - goo 辞書

by and large 全般的に, どの点から見ても; 概して.

 なんでこんな言い方するの?については⇒By and large
 たぶん、英米人にも変な響きがすると思うが。
 現代英語で使うの?とか思ったら、サミュエルソンのコラムに出てきた。使うんだな。

コーヒーで気分を良くするための4か条

  1. 注文が混雑していないスタバに入る
  2. 受付のお姉さんがよさげな印象かチェックする
  3. 飲んだことないメニューを選ぶ
  4. これってどんな味なのとかひとくされ立ち話をする

 
inspired by シゴタノ! - コーヒーで気分を良くするための4か条

誤読をしないために気をつけたい3つのこと。

  1. 政治的なポジションを決めつけよう
  2. 隠されている本音を読み取ろう
  3. ブ米を書いて反応したら「釣れたぁ。やっぱりその読みでよかったのだ」と安心しよう

 
inspired by 誤読をしないために - よそ行きの妄想
 
追記
 ⇒はてなブックマーク - 誤読をしないために気をつけたい3つのこと。 - finalventの日記

2008年11月06日 ekken communication, サイト閲覧 "隠されている本音を読み取ろう" 大事だとは思うけど、書かれていないことを読み取れというのは読み手にとっては難しい。

 …。

Yes you can

 ⇒The Associated Press: President-elect Barack Obama's remarks in Chicago

OBAMA: When the bombs fell on our harbor and tyranny threatened the world, she was there to witness a generation rise to greatness and a democracy was saved. Yes we can.
 
AUDIENCE: Yes we can.

 ⇒「アメリカに変化がやってきた」 オバマ次期米大統領の勝利演説・全文翻訳 <特集・米大統領選>(gooニュース) - goo ニュース

この国の湾に爆弾が落下し、独裁が世界を支配しようとしたとき、時の国民が立ち上がり、偉業を達成し、そして民主主義を救うのをクーパーさんは見ていました。Yes we can。私たちにはできるのです。

 補足すると。

この国の真珠湾に爆弾が落下し、日本の独裁が世界を恐怖で支配しようとしたとき、時の国民が立ち上がり、偉業を達成し、そして民主主義を救うのをクーパーさんは見ていました。Yes we can。私たちにはできるのです。

 偉業に含まれるもの⇒Necessary Evil (aircraft) - Wikipedia, the free encyclopedia
 
 ついでに。

OBAMA: She was there for the buses in Montgomery, the hoses in Birmingham, a bridge in Selma, and a preacher from Atlanta who told a people that We Shall Overcome. Yes we can.
 
AUDIENCE: Yes we can.

YouTube - Joan Baez - We shall overcome
 

追記
 ⇒404 Blog Not Found:The enemy we share

確かに"the harbor"が真珠湾であることは間違いない。しかしtyrannyが指しているのは、「日本の独裁」じゃないよ。主としてナチス。少し広げて枢軸国。スターリンも入っているかも知れない。

 真珠湾があって、その文脈で tyranny が来ているのに、「日本の独裁」じゃないという読みは、いかがなものかですよ。 tyranny という言葉は、「専制政治」を意味する。米国人にとってこれは暴君(tyrant)の存在が前提になる。そして彼らの目から見て、当時の日本には、tyrantとしての東條英機がいた(天皇もそう見られることがある)。
 くどいけど、米人にとって、東條英機はtyrantであり、だから、当時の日本はtyrannyと見られている。
 話を戻して。

ここ、あえてぼかしてるんだよ。

 コメント欄参照のこと⇒http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20081106/1225972453#c1226016612

これこそが、ドイツや日本を彼が"they"でないと見なしている証拠だと、私は見た。

 だったらあんな不自然なスピーチの文脈は書かないって。

もしsharedでなかったら、彼は Pearl Harbor と言ったはず。
では、彼の敵とは誰だろう。
本当に彼の道程を追ってきたなら、わかるはず。

 ちょっときついこと言うと、この言い方は煽動者のそれだよ。そして、これに続く文脈が論理的なつながっていない。
 それはそれとして。

Cynicism, fear, and doubt.
冷笑、恐怖、疑念。
彼の敵は、イラクアフガニスタンウォール街ではなく、自分たちの内側にあるものなのだ。
我々の内側にも、それはある。
だからこそ、この敵に対して、わたしたちは共に戦うことができる。

 原文では、"cynical, and fearful, and doubtful"ですよ。
 で。
 私はcynicalだ。なぜなら私は権力をおちょくって笑いたいからだ。笑いこそが力なきものの最後の心のよりどころだ。
 私はfearfulだ。なぜなら私は弱いからだ。バフェットですら、みんなが強気なときは、fearfulになると言っている。⇒極東ブログ: ウォーレン・バフェットのありがたいご託宣
 私はdoubtfulだ。たいていのことをすんなりと受け入れることはない。オバマイラク戦略は実質的にはこけていのたにマケインに救われたな、こいつそれほど軍事センスないんじゃないか、と、doubtfulだ。
 ついでに。
 私が好きなフィナンシャルタイムズ⇒オバマと空っぽなレトリックという技――フィナンシャル・タイムズ(フィナンシャル・タイムズ) - goo ニュース

そしてさらに、例の「Yes we can(私たちにはできる)」というあれだが。

私に言わせればこれは、「偉大な演説はこういうものだと頭の中で考えたものを、なぞっている人」を浮き彫りにした演説だ。いつもなら、まさにこういう空疎な大言壮語こそ、良くない政治家の象徴のはずだ。

 とはいえ。

つまりオバマ氏は別に、空疎なレトリックを振りまくしか能がないから、そうしているわけではない。彼は政治戦略として、わざとそうしているのだし、その判断はまともだ。

 まあ、そうだと思う。
 振り回されているほうについては以下略としたい。
 
追記
 ⇒はてなブックマーク - 404 Blog Not Found:The enemy we share

2008年11月07日 steam_heart なるほど。翻訳者が元の文意を変えてしまう好例。

 文意は変えてないよ、補足しただけ。

2008年11月07日 maachan1977 dankogai 超同意。「民主党=アンチ日本」のテンプレが脳内に出来上がっているとああ聞こえるんだろうな。

 私の脳内はこう⇒極東ブログ: 米国大統領はオバマでもいいんじゃないの
 そんなテンプレはないよ。

2008年11月07日 mitsuki_engawa Overseas こっちの解釈が自然。米国は太平洋でだけ戦争してたわけじゃないし、東條は「独裁者」というにはちょっと「弱い」。

 それは日本人の感覚。
 米人はこう⇒WikiAnswers - Why was Hideki Tojo considered a tyrant
 あるいはこう⇒What is an American? (Letters to the Editor). - Free Online Library

This is an excerpt from a Veterans Day speech delivered by Major General (Retired) Leo Leo J. Baxter, Lawton, Oklahoma, a former Chief of Field Artillery. He reports that his definition of an American was inspired by an anonymous definition that appeared on the internet in the wake of the terrorist attacks of September 11th.

So you can try to kill an American if you must. Hitler did. So did General Tojo, and Stalin, and Mao Tse-Tung, and every bloodthirsty tyrant in the history of the world.

 史学的な評価ではなく、民衆の意識としてね。
 

追記
 弾さんのエントリのぶコメとか見ていると、まあ、日本も平和になったものだ、めでたし、めでたし。
 でも、あれだな、憲法も読まれてないな、と私は思ったね。
 ⇒極東ブログ: 試訳憲法前文、ただし直訳風

【第6文】
We desire to occupy an honored place in an international society striving for the preservation of peace, and the banishment of tyranny and slavery, oppression and intolerance for all time from the earth.

 なんでここにtyrannyが登場しているかわかる?
 もちろん、ここでは直接戦時下の日本を指していないけど。
 けどというのは。

【第1文】
resolved that never again shall we be visited with the horrors of war through the action of government, do proclaim that sovereign power resides with the people and do firmly establish this Constitution.

 このgovermentというのは、一般的な含みもあるけど、歴史的な含みとしては戦時下の独裁政府のこと(行政府だから、その長たる東條英機独裁が問われるということね、米人的にはね)。ほいで、日本国民である我々は、その独裁政府によって戦争の恐怖を味わわされた被害者だよ、と。だから、そういう独裁政治がないようにこの憲法を作りますよ、と(実際は自分たちで草稿を作ったとは言い難いが)。
 そしてこの裏にあるのは、独裁政治から我々日本国民を解放してくれたアメリカ様ありがとう!ということ。
 憲法前文を読み返してから、オバマのあの文章を読み返してごらんなさいな。