日経 春秋(2/17)

最近の官僚化した組合リーダーと違うのは、「労働運動をなぜやるのか」という一途(いちず)な問題意識が濃厚な点だ。今年の春の労使交渉では組合に追い風が吹いているが、組合リーダーは目先のことだけでなく、労使関係の将来もじっくりと考えてほしい。そのために竪山さんは「歴史を学んでほしい」と言っている。

 ⇒極東ブログ: パートタイマーの労働組合

読売社説 [海洋政策]「政府一体で戦略構築を図れ」

 まあ重要なことですよ。
 たしか、日本というのは、世界で4番目に海を広くもっている国です。もっとも、そのために沖縄があるのだけど。

イチホゲ ばっちりはめる……まるでスパムの標題か

 ⇒livedoor ニュース - 【ファンキー通信】主婦・OLの妄想炸裂!? オトメゲームが大人気!

 最近のオトメゲームは、以前に比べて初心者でも気軽に遊べる内容になっているものも多いそう。最近、仕事ばかりで彼女にかまってあげられなくて・・・とお悩みの殿方は、オトメゲームをプレゼントしてあげてはいかがでしょうか? ばっちりはまってしまうかもしれませんよ!

イチネタ インドががぜん注目されてまいりましたぁ

 ⇒米提供の重水使い核兵器 インド、合意違反で開発か (共同通信) - goo ニュース

「インドの核実験の可能性」と題した文書は、ニクソン政権時代の72年2月23日、国務省の情報部門から中央情報局(CIA)に送られた。文書のコピーによると、インドが核兵器1−2個を開発した可能性があるとし、使われた核物質が重水炉で製造されたことは「ほぼ確定的」と指摘。

 日本の報道は薄いが⇒EDITORIAL: Dilemmas of US-India nuclear deal

As President George Bush prepares to visit India and Pakistan in March, negotiations between India and the United States over last July’s nuclear deal have entered a very sensitive stage. Reports suggest that, among other technicalities, both sides are trying to decide how to separate civilian and military nuclear facilities.

 ロイターのほうがわかりやすい⇒ABC News: US deal said to let India expand nuclear arms

A landmark new U.S.-India nuclear agreement would enable New Delhi to expand atomic weapons production and encourage Pakistan and China to do likewise, according to critics of the controversial deal.
 
In analyses to be made public on Wednesday, non-proliferation experts expressed grave concerns about a proposed "separation" plan that would open India's civil nuclear facilities to U.N. inspections, while permitting military facilities to remain off-limits.

 では、カワセミさん、この件についてなんですが、あれですね、やはりここは、米国としては、国際状況のなんたらで共和党政権のなんたらで……。